個人事業主が法人化等で活躍場面を広げる

個人事業主として、会社に縛られずに仕事をするメリットはたくさんありますが、法人ではないため、顧客が大企業等の場合は取引が難しいことがあります。
会社の規定で個人事業主とは契約しないという場合もあるからです。
システムエンジニアやライター等の仕事をする場合にはそういったことが少ないですが、コンサルタントや講師として仕事をする場合には、個人契約が認められないケースも多いのです。そのため、個人で仕事をする場合は、活躍場面が自ずと制限されてしまう可能性があります。

そういった場合の対処法は主に二つあります。
一つは、間に登録会社等を入れるというやり方です。コンサルタントや講師等の登録会社がありますのでそういったところに登録をすることで、大企業からの依頼を受けることが可能になるのです。
登録することでマージンを抜かれますが、その分営業や顧客との折衝といったことをその登録会社がやってくれることになりますのでメリットがあります。

もう一つの対処方法が法人化です。
個人事業主から法人化にすることによって、法人としての信用を得ることになり、結果的に活躍場面が広がる可能性があるのです。
もちろん、法人化にあたっては、登記費用や法人住民税等のランニングコスト、法人税申告等の複雑な手続きに対応するコストに見合った節税効果があるか等も専門家に相談をして見極める必要がありますが、法人化は活躍場面を広げる有効な選択肢になるでしょう。まずはメリットなど、法人化する前に下調べをしておくことをおすすめします。
法人化する際に参考になるサイト⇒⇒http://soleproprietorship-corporationplan.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>